聖書の花 〜 アガパンサス

  • 2007.06.18 Monday
  • 19:46








夏のはじめの今ごろの季節、

アガパンサス Agapanthus が街のあちらこちらで、

澄んだブルーの花を咲かせています。

日本人にはちょっと発音のしにくいネーミングなのですが、

この名前は、

世界で一番美しい花の名前だと・・・私は、思っています。




語源は、古ギリシャ語の「愛」を表す言葉、 アガペー agape

thusは「花」を表す接尾語ですから、

愛の花、という意味になります。

キリストの愛の花、と意訳してもいいかもしれません。




とはいえ、この花が聖書に記載があるわけでは、ないのです。

無限に惜しみなく、見返りを求めることもない、

純粋で、最高の「愛」のかたちを、

聖書の作者たちは

agape

という、ちょっと毛並みの違ったギリシャ系の言葉で、

本来はヘブライ語で編まれた聖書に刻んでいます。



人類愛を訴えつづける言葉、アガペー。

仏教の世界でも「大慈」「悲愛」と表されている美しい言葉です。

アガパンサス は、聖書や仏教の概念と共通の、

「愛」をその名に戴いているのです。





人を信じられなくなるような悲しい事件ばかりの昨今、

「愛」だなんて、

なんだか、もう別の次元の遺物みたいな言葉に思えるのに、

アガパンサスは、

人の誠実さ、人を大切に思うことの美しさを、

静かに、

私たちに伝えてくれている・・・。



白やブルーのアガパンサスを街で見かけるたびに、

この花はなんだか特別の役割をもった花のように、

私には思えるのです。






  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM