イタリアンレッド

  • 2007.04.23 Monday
  • 15:34





もう随分まえのことですが、西武ドームで開催された


「国際バラとガーデニングショウ 2001」


で、中世イタリアの庭をつくったことがあります。





白い修道院の回廊に、イタリアの情熱を象徴する真っ赤なバラが絡まっ

ているイメージ・・・・。

と、ここで選ばれた赤いバラが、

シルク・ロワイヤル “Silk Royal” でした。





『カンパリと同じ赤のバラを探し出してください』





製作に先立って、私からスタッフへのリクエストは『色』のことでし

た。

イタリア人のROSSO(赤)と日本人の赤は、まったく違う色だからで

す。(ここを間違ってもらってはイタリア庭園が中国風神殿になって

しまう!)


朱の色素のつよい日本人の赤に対して、イタリア人の赤はどちらかと

いうとワインレッド系。





その誤差を解消するために私がスタッフに手渡したのが

一枚の絵葉書でした。

前年にミラノのBARで入手した、カンパリ社の宣伝コマーシャル用フ

ォトカードです。



その絵葉書を手に製作担当の人は遠く長野県のナーセリーにまで走り、

私のリクエスト通りのバラを見つけて下さったのでした。



色彩感覚も文化的背景も違う二つの国、日本とイタリア。


情報はこれだけ行き交う現代ですが、感性の部分となると数値化が簡

単にできるというわけではありません。

イタリアのモード、自動車、アート...etc 商品は随分手軽に購入でき

る時代にはなりましたが、日本人がそれらを十分に咀嚼して自分のも

のにしているかというと、「色」のことひとつとってもまだまだ道は

遠いというのが、、、私の実感です。







p.s. 
第3回国際バラとガーデニングショウのイタリア庭園は、
画面下の 地中海庭園ホームページ>>
GALLERY「バラ」の欄でご覧いただけます。











  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM